光合成FACTORY
利用規約
特別展「植物」スペシャルコンテンツ
光合成FACTORY 利用規約

第1条(適用)

この規約は、特別展「植物 地球を支える仲間たち」(以下「本展」)の主催者(以下「本展主催者」)がウェブサイト『本展スペシャルコンテンツ「光合成FACTORY」』(以下「本サイト」)を通じて提供するブラウザゲーム「光合成FACTORY」(以下、「本サービス」)に関する利用上のルールを定めることを目的とし、本サービスの利用者と本展主催者との間の本サービスの利用に関する一切の関係に適用されます。

第2条(同意)

本サービスを実際に利用することでこの規約に同意したものとみなします。

第3条(未成年の利用)

未成年者の利用者は、本サービスの利用の一切につき、親権者等の法定代理人の同意を得たうえで、法定代理人の同意と適切な監督のもと、本サービスを利用するものとします。
本展主催者は、利用者に対するコンテンツの提供にあたり、未成年者の利用者がいることを踏まえて、必要と思われるゾーニングや注意喚起等に努めますが、親権者等の法定代理人の同意と適切な監督によらずに未成年者が本サービスを利用した場合に、その利用の結果について一切の責任を負いません。

第4条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号のいずれかに該当する行為または該当すると本展主催者が判断する行為をしてはなりません。

(1)
本サービスにより配信されるコンテンツその他本サービスに関連した情報の全部または一部を、転載、複写、複製、出版、上映、譲渡、改変、公衆送信、送信可能化し、その他の態様で利用する行為、その他一切の二次利用をする行為(著作権法により例外的に許される行為を除きます。)
(2)
逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリングによるソースコード、仕組みや仕様の解析または改変する行為
(3)
本サービスに含まれる、商標、ロゴ、その他の財産的価値のある情報(画像、文字、ページレイアウト、フォーム等を含みます。)を、素材やフレームにする行為
(4)
本サービスに関連する本展主催者または第三者の通信設備、コンピュータその他の機器およびソフトウェアに対して、アクセス制御手段を削除、変更、迂回、無効化、妨害または回避する等の不正なアクセスを行う行為
(5)
ウイルスソフトウェア、その他一切の本サービスに関連する本展主催者または第三者の通信設備、コンピュータその他の機器およびソフトウェアの利用もしくは運用に支障を与えるように作成されたコンピュータコード、ファイルまたはプログラムをアップロード、投稿、または送信する行為
(6)
本展主催者または第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他のあらゆる知的財産権を指し、それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。以下同じ。)、その他の権利(プライバシー権、パブリシティ権、肖像権、名誉権その他の人格権および財産権を含み、これらに限られません。)を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(7)
公序良俗に反する行為、違法行為、またはそのおそれのある行為
(8)
選挙活動、またはこれに類する行為、その他の政治および宗教に関する行為
(9)
事実に反する情報またはそのおそれのある情報を本展主催者、本サービスの他の利用者、または第三者に対して提供する行為
(10)
本サービスに関連して営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為
(11)
本サービスの他の利用者または本展主催者を誹謗中傷する行為
(12)
本サービスの他の利用者に関する情報を収集したり蓄積したりする行為
(13)
本サービスに関連して、反社会的勢力またはこれと密接に関わりのある者に直接・間接に利益を提供する行為
(14)
本サービスの運営を妨害する行為
(15)
その他、本展主催者が不適切と判断する行為

第5条(無保証・サービス内容等の変更・免責)

(1)
本展主催者は、特定の利用環境のもとで本サービスが正確に作動すること、遅滞または中断しないこと、すべての機能が発揮されること、および本サービスの内容に瑕疵やバグがないことについて、保証するものではありません。
(2)
本展主催者は、本サービスにより提供する情報について、正確な情報を提供することに努めますが、情報の完全性を保証するものではありません。
(3)
本展主催者は、予告なく本サービスの内容や仕様の変更、提供の中断、停止もしくは中止、またはアップデートの終了等をすることがあります。
(4)
本展主催者は、利用者が本サービスを利用したことまたは本サービスが利用できなかったことに起因して利用者または第三者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
(5)
本展主催者は、本サービスの利用における利用者同士の紛争について、一切の責任を負いません。

第6条(権利帰属)

本サービスに関する知的財産権は全て本展主催者または権利者に帰属しており、この規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する本展主催者または権利者の知的財産権の利用許諾を意味するものではありません。

第7条(リンク等)

(1)
本展主催者は、利用者が本サービスへのリンクを行うことを原則として認めます。ただし、本展主催者や第三者の著作権・著作隣接権等を侵害し、または出所を誤認混同させる態様のリンクは禁止します。
(2)
本展主催者は必要があると判断した場合、本サービスにおいて外部サイトへのリンクを行うことがあります。本展主催者はリンク先の外部サイトの内容等には責任を負いません。

第8条(端末機器およびソフトウェア)

本サービスの利用にあたり必要とされる端末機器、ソフトウェア、インターネット接続、電気通信回線等は、利用者が自らの負担と責任で用意する必要があります。
本サービスをより安全で快適に利用するためには、最新のOSならびにブラウザおよび当該OS等が十分に動作する端末機器の利用を推奨します。また、コンテンツの品質が端末機器、端末機器の設定、インターネット接続の帯域幅、接続速度、選択したコンテンツ等の要因により影響を受けることがあります。下記の動作環境では原則として本サイトの動作を確認していますが、下記の動作環境であっても正しく表示されない場合があります。

  • iOS 13 以降:Safari最新版
  • Android 9 以降:Google Chrome 最新版

第9条(損害賠償)

利用者が本規約に違反する等、その責めに帰すべき事由により、本展主催者に直接または間接を問わず損害を与えた場合、合理的な弁護士費用を含む損害を賠償するものとします。

第10条(準拠法・管轄)

本サービスの利用、この規約の成立、効力発生、解釈については、日本法に準拠するものとします。
本サービスの利用に関して利用者と生じた紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第11条(準拠法・管轄)

本展主催者は、本サービスの提供のために、次に定める利用者情報を取得します。本サービスは、原則として、氏名、生年月日、住所、メールアドレスなどの利用者の特定につながる情報を明らかにしなくても利用することができます。本サービスの提供に伴い機械的に取得する情報

  • IPアドレス
  • アクセスした時刻
  • アクセスしたURL
  • 直前のURL(リファラ)
  • ユーザーエージェント(OSやブラウザに関する情報等)
  • 識別子
  • 画面解像度
  • 言語コード、国または地域情報
  • 端末機器の位置情報
  • 端末機器やブラウザのサービスへの対応状況
  • テレビ受信機等の情報(メーカーID、機種名、バージョン情報)
  • 利用者が設定した情報(地域設定、表示する文字の大きさ等)
  • クラッシュ情報
  • 閲覧したページ
  • 動画の再生などの利用者の行為
  • URLパラメータ
  • 初めてのサイトアクセス日、アクセス回数等の利用実態
  • 本サービス内での遷移に関する情報

第12条(識別子による情報取得)

(1)
本展主催者は、計測等を目的として、識別子を用いて利用者情報を取得する場合は、ブラウザまたは端末機器単位で識別子を付与することとし、利用者の個別の同意がある場合を除いて、利用者単位で識別子を付与することはありません。また、第三者と共通の識別子を使用せざるを得ない場合であっても、NHKが他人の営業に関する広告を禁じられていることから、ターゲティング広告等を目的とした広告識別子を使用することはありません。
(2)
利用者は、技術的な仕様により困難な場合等を除き、サービスの利用を継続したまま、前項の情報の全部または一部についてその収集の停止や削除を求めること(オプトアウト)ができます。なお、利用者に関する情報はブラウザもしくは端末機器単位で取得しているため、利用するブラウザや端末機器ごとに必要な手続きを行う必要があります。
(3)
利用者は、前項のほか、ブラウザを利用する場合には、クッキーの受け入れを拒否するように設定を変更することで、識別子を用いた利用者情報の収集を停止することができます。この場合、本サービスの機能の一部が利用できなくなる場合があります。

第13条(情報収集解析システムによる情報取得)

本展主催者は識別子を用いた利用者情報の取得にあたって、外部の企業が提供する情報収集解析システムを利用することがあります。この場合も、情報の取扱いについては、本規約の規定が適用されます。なお、本展主催者が現在利用している情報収集解析システムは、次のとおりです。



Google Analytics
「Google Analytics」は、Google社が提供するウェブ解析ツールで、Cookie、ウェブビーコン、 またはそれらに類似するテクノロジーによって利用者情報を収集しています。 Google Analyticsについては、Googleマーケティング プラットフォーム(※外部サイト)をご覧ください。なお、Google Analyticsによる利用者情報の収集を希望されない場合は、Google社が提供する 「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を使用中のブラウザーにインストールすることで、無効にすることができます。Googleアナリティクスを無効にするにはGoogle アナリティクス オプトアウト アドオン(※外部サイト)をご覧ください。

第14条(利用者情報の利用目的)

  • 本サービスを安定的に提供するため
  • 本サービスの保守管理・設備改善のため
  • 利用者の受信状況等サービスの対応状況を把握するため
  • 本展主催者の業務に関する報告のため
  • 本サービスの利用状況を把握・分析し、改善するため
  • 本サービスの効果を検証するため
  • 本サービスでの利用実態を検証し、より効果的なサービスを検討するため

第15条(利用者情報の取扱いの基本原則)

本展主催者は、取得した利用者情報について、利用者のプライバシー保護の観点から、次の各号に従い、適正に管理します。

(1)
適切な管理
本展主催者は、本サービスで取得した利用者情報を、その取得方法、データの種別・性格に応じて適切に取扱います。
(2)
利用者個人の属性の推知の防止
本展主催者は、本サービスで取得した利用者情報の分析等に際しては、利用者個人の属性等を推知することがないように配慮した取り扱いを行います。
(3)
目的外利用の禁止
本展主催者は、本サービスで取得した利用者情報を、その目的達成に必要な範囲で利用し、個別の利用者の同意を得た場合を除き、目的外の利用はしません。

第16条(利用者情報の保存期間)

本サービスで取得した利用者情報利用目的が達成され次第、速やかに消去するものとします。

第17条(利用者情報の第三者提供)

本展主催者は、個人情報に該当しない利用者情報であっても、本人の個別の同意を得た場合を除き、当該利用者情報を第三者に提供することはありません。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りではありません。

(1)
法令に基づく場合
(2)
人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4)
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(5)
本展主催者は、個人情報に該当しない利用者情報であっても、本人の個別の同意を得て、当該利用者情報を第三者(当該利用者情報の取扱いを第三者に委託する場合の業務委託先を含みます。)に提供する場合、当該利用者情報を他の情報と照合する等して利用者を特定してはならない旨を当該第三者との契約に定める等して、当該第三者が当該利用者情報を適切に取り扱うよう監督します。

第18条(利用者情報の共同利用)

本展主催者は、利用者情報のうち識別子を第三者と共同で利用する場合、利用目的を明示します。また、本展主催者は、当該識別子を、ターゲティング広告等の第三者の利益を図る目的で付与しないことを共同利用する第三者との契約に定めます。

第19条(デジタル・プラットフォームにおける利用者情報の取得と取扱い)

デジタル・プラットフォームを運用する事業者が、利用者に関する情報を取得することがあります。本展主催者はそれらの情報を事業者から取得する場合がありますが、その場合でも、この規約の目的を超えて使用することはありません。
デジタル・プラットフォームにおける利用者情報の取扱いについては、各デジタル・プラットフォームの利用規約やプライバシーポリシー等を確認してください。

TOPへ